大空祐飛さんと野々すみ花さんのお披露目公演『大江山花伝』

2009年に宝塚歌劇団宙組で上演された王朝千一夜『大江山花伝』−燃えつきてこそ−。木原敏江さんの「大江山花伝」が原作になっており、博多座にて上演されました。1986年に平みちさん、神奈美帆さん、杜けあきさんを中心とする雪組で上演された作品の再演でした。新トップスター大空祐飛さんとトップ娘役野々すみ花さんのお披露目公演でした。平安時代が舞台になっており、大江山に棲む酒呑童子と都の姫との間に生まれた茨木童子と幼い頃茨木と共に育った藤子との恋を中心に、悪鬼退治を命ぜられた源頼光の四天王の1人渡辺綱との友情や愛が描かれています。
茨木童子を大空さんが、藤子(火事で顔に火傷を負い藤の葉と名前を変えている)を野々さんが演じました。火事で行き場を失った藤子を拾う渡辺綱を北翔海莉さんが演じました。
酒呑童子を十輝いりすさんが、茨木に想いを寄せる胡蝶を花影アリスさんが演じました。酒呑童子に捕らわれている花園衛門には愛花ちさきさんが、花園衛門たちを助けようとする四天王の1人坂田公時には鳳翔大さんが扮しました。お金借りる おすすめ